車の損害保険には皆様方も既に知っているかと思いますが、等級と呼ばれる数字が存在します。省略せずに書くとノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、保険料にかなり多大に関係しています。等級という制度は、クルマの損害保険に入っている人の公明正大さを可能な限り保つことを狙いとしており交通事故を生じさせる危険性ないしは車の保険を適用される見込みが高いと考えられるほど保険の掛け金が増加します。その反対に交通事故を起こす現実性がより低くクルマの損害保険を利用する可能性が低い加入者は、リスクの低い加入者であるだろうと認定されることで、ぐっと押えられます。安全に車を利用する保険利用者の方のほうがそうでない人より優遇される枠組みには違いないのでトラブルを引き起こしやすい方には多少デメリットのあるシステムであると考えられます。危険度の低い利用者と事故の可能性が比較的大きい加入者の保険の料金が同額だと割高な金額を払わされていると考える客が多数を占めるため保険を取り扱う会社側からしても支払い損を低減させるために否応無しに欠くべからざる決まりだと断言できるのです。では、等級とは詳しくはどんな制度なのか端的に説明します。初めに等級の数には1等級?20等級まで定められており級が増えると次第に保険の料金が値下げされる機構になっているのです。第二に1等級より3等級の範囲については安価にならず逆に割増になり、自動車事故を起こし自動車の保険を使用してしまうと等級が3つ下がってしまい、負担の大きい自動車損害保険を月々納めることになってしまいます。そしてまったくはじめて自動車保険に申し込むならば6等級よりのスタートになり、その時点から自分の級が下がるのか高くなるのかは自分の実績によります。そのため掛け金を安価に抑えたい運転者は、事故を起こさないように安全運転に努めていくのが最も効率的といえるでしょう。